スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

強くなった人が更に強くなる為のTips

丸々引用:リンク先「KillerArtist」さん

今回は、ある程度強くなった人が更に強くなる為のTipsです。
私もFPSを初めて何年か経ちますが、まだまだ上手くなる要素がたくさんあると自己分析しています。
私は見てもらえば分かる通り、かなり理論的に考える方です。

ですが、プレイ面でいえば負けず嫌いという性分か、強引に打ち合う事が少し多いように思えます。
特にmattyaは強気に打ち合うタイプで、そういうプレイヤーは波が激しいです(AR)
ただ、mattyaの様に強気に詰めることなどは決して悪いことではないのですが、
すぐ死んで4vs5になるようでは意味は薄いです。

例えば、自分がCTの時、突っ込んで2人殺して、自分もやられた場合。
CT4人T3人という状況になります。しかし、この状態は必ずしもCTが有利という訳ではありません。
守る箇所が2つあるならば、CTは2人と2人に分かれる構図がある時、それはT3人対CT2人に他なりません。
カバーまでの間は、T3対CT2の状態なのです。
ですので、CTで詰めるのはある意味危険な行為と心得た方がいいかと思います。

しかし、緩急は大事ですので詰めるところは詰める、また、詰めるときは味方にカバーしてもらうなど、
対策を考えたり、常に同じ動きにならないようにすると良いかと思います。

書いていたらいつの間にか、論点がずれていました・・・抹茶め。

最近の私の上達方法は、ズバリ「動画」です。
幸いにも私は近くにうまいプレイヤーが多くいるのでそういう人から動画を貰います。
KeNNyのは、やはり参考になります。

AIMの仕方、打ち合い方、引きどころ、クリアリング、細かい動きに至るまで分析して見ています。
おそらくKeNNyは何も考えずにそういった事が自然に出来ていると思います。
勿論、立ち回りなどは考えながらやっていると思いますが、
照準の置く位置一つとっても、意味があり、細かい動きの中に意味があるように思えます。そういった、上手い部分を自分に重ねあわせると、自分の経験が蓄積されて出来た癖に気が付きます。
そういえば、この状況の時、俺はいつもこんな動きしてるな。
だとか、知らず知らずのうちに自分の中で常識が出来てしまい、それ以上の成長がなくなってしまいます。
上手い人の動きを集めて、いい部分だけ盗んで自分のものにする。
これ以上の上達方法はないと思います。

昔の記事にも書きましたが、他人の動きには疑問を持ってみましょう。
なんでそんな立ち回りをするのか、そこには何の意味があるのか。
そうすれば、また一つ階段を上れると思います。


日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/05/05(火)00:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


主張物


名:izusinn:
性:おとこ
年:23
特:読書 FPS
趣:もーたーすぽーつ
車:ER34せだん


Skype:Kakka-yasui
ログイン状態

ブログ訪問者

ブクログ

管理メニュー

ブログデータ


総記事数:

最新記事

投稿動画

HOT-K ジムカーナRD2 名阪E


全関西学生ジムカーナ選手権


猛ドラ06

最新コメント

おすすめサイト

メタリッククローバーメタリッククローバー

SilverSecondSilverSecond

財前ゴウの総回診財前ゴウの総回診

tana-ytana-y

Otearai WebOtearai Web

Fire RoadsterFire Roadster

コルベットのある風景コルベットのある風景

リンク

pictlayer

使用素材


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。